×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ETC助成金 オーバックス

ETC助成金を狙う。

ETC助成金の行方が少し不透明だけれど、国土交通省の思惑は完全にはまって、ETC助成金リース制度施行からETC装着車が圧倒的に増加した。今ではETC装着車が2,000万台超、利用率は80%という数字もあるから、ETC助成金制度の波は大きいというべきだろう。

 

この普及率になってくると、ETC未装着というのは「欠陥も一緒」みたいな感覚すら生まれてくるから恐ろしい。早いところETC助成金制度を使ってETC端末を装着しておきたい。ETC助成金制度は08年も予定通り続くけれど、いつまで続くものか怪しいものだから、できるだけ早いタイミングでETC助成金制度の活用をお奨めします。ETC助成金制度が5,250円の減税と考えれば、使わない手は無いでしょう。

ETC助成金のそもそもの狙い。リースの隠れ蓑に包まれているけれど・・・。

リース助成金制度は、お役所が考え出したものらしく、少しとっつきにくい。リース制度の中で運用せよというのだ。だから契約書やら申請書やら書式がややこしいけれど、要は国土交通省としては巨大な投資をしたETC設備が「無用の長物になっては困る」という事情があるから、ETC助成金を出してでもETC端末装着車を増やしたいのだ。

 

またETC助成金には別の狙いもある。今までの現金ないしは券徴収方式に比べてETC方式は「殆ど無意識に料金徴収が終了する」システムだ。ETCのこうした考え方は、給与の源泉徴収に似ている。目の前を現金が通過しないから、ついつい無頓着になってしまうのだ。国土交通省にとっては都合のよい心理で、ETC助成金で一気にETC車のシェアアップを図り、「通行料が高いと言われずらい高速道路網」を作りたいのだ。ETC助成金を導入する狙いとして、当然、料金所人件費の削減がある事は言うまでも無い。これも時代の流れなのだろうけれど、少し寂しい気がする。

ETC助成金を使うなら、オートバックスかYahooでリース契約しよう。

ETC助成金、5,250円のセーブは庶民にとって大きい。通常、ETC端末の取付けは部品・工賃込みで2万円プラスだからETC助成金を使えば2割以上のバーゲンだ。

 

さらに、オートバックスやYahooでは、ETC助成金だけでなく、本体メーカーからのキャッシュバックなどを絡めて「実質出費ゼロ」も始めている。ETC助成金もこうなると携帯電話戦争に似てくる。初期投資なんてゼロでも、カードの継続購入で業界全体が潤う仕組みが出来上がっているのだ。

 

ETC助成金が火をつけたブームの中でこうした仕組みが出来た結果、なんとオートバックスでは、自分で装着するのであれば完全無料とする事ができる。ETC装着料金の4,000が本来、オートバックスが狙う利益だが、それも無しでいい、つまり端末をタダで手渡ししてくれるのだ。Yahooに至っては送料すら無料だ。こういったETC助成金と周辺のキャンペーンを考えると、ETC未装着でいる事は確かにアホらしく考えられてくる。

日帰りツアー| ステー| ステンレスパイプ| 旅行なら自動車で!| 軽トラック| タイミングベルト交換| 車のステッカー|
ココナッツ| ウォーキングダイエット| Vライン脱毛| ボトックス| ゲルマニウム| 脱毛| 脱毛クリーム|
Privacy Policy